愛媛大学農学部同窓会の活動報告、会員同士の親睦交流の報告

ユーカリ会 会長 挨拶

ユーカリ会 会長 挨拶

愛媛大学農学部同窓会
ユーカリ会会長
三木 伸司


 ユーカリ会員の皆様におかれましては、母校での学びや絆を糧とし、様々な分野でご活躍のこととお喜び申し上げます。また、日頃より支部の活動や本会の運営にご理解とご協力をいただき心より感謝申し上げます。

 令和元年6月から、三好功前会長の後任を務めさせていただくこととなり、同窓会活動の活性化や農学部創立120周年記念事業など、多くの課題に取り組んでおります。予算、人員が限られる中、会員の皆様はもとより事務局や常任理事・理事の方々のご理解、ご尽力により、ゴールラインに向け「前へ」進むことができている状況ではないかと思います。

 さて、昨年は西日本での豪雨や北海道での地震、今年は台風による関東や東北地方の豪雨による災害など、全国で甚大な被害が発生しました。尊い命を亡くされた方々に心より哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様の一日でも早い復興を願っております。近年、このような災害があるたびに「想定外」、「今までに経験したことがない」などと言われます。自然災害だけでなく、国際化、情報化が急速に進む今日、我々を取り巻く社会、生活環境も大きく変化し、予想もしないことが頻発するかもしれないと思っている方も多いのではないでしょうか。これからの世の中、様々な課題を乗り越えるには、思いやりや助け合いの心が必要です。このような時代こそ絆が大切になってくると思います。「知らないものは無いのと同じ」と言われますが、「知らない人はいないのと同じ」ではないでしょうか。

 ユーカリ会の活性化を考えるとき、会員の絆を深め「入ってよかったユーカリ会」、「来てよかった支部総会」と言われるような活動をしたいと考えております。現在、支部活動は必ずしも好調とは言えない状況にあります。連絡先が不明な会員が約三分の一おられ、活動へ参加者は減少の傾向にあります。ユーカリ会からの情報提供や支部総会、諸活動の案内などが困難になりつつあることから、今年一度ホームページをリニューアルしました。今後、皆様のご協力をいただきながら、時代に即した効率的な情報発信も検討し、「絆」を深め、より魅力的なユーカリ会にしていきたいと考えております。ユーカリ会館もリニューアルし、低価格で快適に宿泊できる機能も備えました。会館の有効活用も考えたいと思います。

 終わりに、地域創生が声高に言われる今日、一次産業が主要な産業である愛媛県において、農学部は人材育成やイノベーションの中核となる存在です。「絆」を活用し組織としての機能を発揮することで母校の発展を支援すること、このことを通じて地域創生の一翼を担うことがユーカリ会の重要な役割ではないかと考えております。会員の皆様におかれましては、一人一人がこのような意識を持ち、主体的にユーカリ会の活動に参画していただければ幸いです。 

お気軽にお問い合わせください TEL 089-948-1806

「ユーカリ会」

〒790-0905
愛媛県松山市樽味三町目5−7
国立大学法人愛媛大学農学部内
TEL:089-948-1806
FAX:089-948-1806

PAGETOP
Copyright © 愛媛大学農学部同窓会「ユーカリ会」 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.