愛媛大学農学部・大学院農学研究科では、平成28年に「食糧」「生命」「環境」をキーワードに3学科制での教育研究活動をスタートさせて以来、SDGsに真摯に向き合ってきました。今年5月に開催したSDGsシンポジウムでは、農学研究とSDGsのつながりを広く知っていただくことを目的として、多くの方にご参加いただきました。

今回のシンポジウムでは、「持続可能な化学物質管理に向けた環境計測・生態毒性研究の最前線」と題して、前回ご紹介できなかった新たな研究成果の発信及びシーズの紹介を行います。皆さまのご参加をお待ちしております。

 

 

日時
令和4年11月29日(火)13:30~15:30

場所
オンライン開催(Zoom、定員300人、事前登録制)

参加費
無料

参加申込
詳しくはこちらから